インプラント

対応している歯科医院を探そう

多くの歯を失った場合は入れ歯を使うことが多くなっていますが、入れ歯は見た目も良くありませんし、噛む力が弱いという欠点もあります。さらに会話の際にずれることで悩んでいる人もあるのではないでしょうか。入れ歯をしっかりと安定させれば食事も会話もしやすくなりますし、口元が若々しく見えるという利点もあります。オールオン4は少ない本数のインプラントで義歯をしっかりと固定できると話題の治療です。画期的な治療ですが、対応している歯科医院はまだそれほど多くありません。まずは、近隣で対応している歯科医院があるかを調べてみましょう。

全ての歯を抜く必要がある

通常のインプラント治療では、歯がない部分に埋め込みますので周囲の歯に影響を与えることはありません。それに対して、オールオン4の場合は、歯がない状態で治療を行うことになります。わずかでも歯が残っている場合は、それを抜く必要がありますので、そのことは理解しておきましょう。そして、総入れ歯は手術の必要はありませんが、インプラントを埋め込みますので手術が必要になります。総入れ歯は保険適用になりますが、オールオン4は保険適用外であることも知っておきたいところです。

すぐに歯を入れられる

通常のインプラント治療では、歯が入るまで長い期間も必要です。それゆえ、オールオン4を選んでも長期に歯がない状態は困ると考えている人もあるかもしれません。一般的なインプラント治療では、歯が入るまでには何回も通うことになりますが、オールオン4は、治療当日に仮歯を入れることができますので、見た目のことで悩む心配はありません。入れ歯の場合はずれたり、外れたりという欠点がありますが、オールオン4は固定式となっていますので、そうした心配がないこともメリットです。

違和感が少ない

総入れ歯の場合は、違和感で悩む人も少なくありませんが、それは入れ歯で歯茎を覆ってしまうことがあげられます。慣れないうちは発音に影響が出ることも珍しくありません。その点、オールオン4は総入れ歯のように歯茎を覆うことなく義歯を固定できる治療です。それゆえに違和感も少なく、発音に影響が出る心配もありません。入れ歯の場合は、食べ物が歯茎との間にはさまることや、歯茎に入れ歯がすれることで痛みが発生することもあり、それをストレスに感じている人もいます。それに比べてオールオン4はそうした心配がありませんので、痛みが発生する心配も少なく、よりストレスなく快適な状態を保つことができます。総入れ歯の場合は骨吸収で歯茎が痩せていくという問題もありますが、オールオン4は噛む刺激が歯茎に伝わりやすいので骨吸収もしにくいとされています。口元の若々しさを保ちたいという人にもぴったりの治療といえるでしょう。

広告募集中