HOME>オススメ情報>本物の歯のような見た目と使用感が手に入る

ほとんど歯が残っていない場合

歯科治療

インプラントは本物の歯と同じような見た目や使い心地が得られることがメリットです。とはいえ、多くの歯を失っている場合は埋め込み本数も増えますので費用も高くなりますし、体への負担も気になるところです。それゆえ、多くの歯を失っている場合は総入れ歯を選ぶ人も少なくありません。入れ歯は治療費を抑えられるのがメリットですが、噛む力の弱さや見た目の悪さは気になるところです。ほとんど歯が残っていない場合もオールオン4という選択があります。この方法であれば、上下、最低4本ずつの埋め込みで義歯をしっかりと支えることができます。埋め込む本数も少なく済むので費用も抑えることができますし、見た目も使い心地も本物の歯に近いと評判です。

その日のうちに仮歯が入る

手元

骨の量が少ないと治療がうまくいかない場合がありますが、オールオン4は骨量が多い部分を利用しますし、埋め込みも傾斜埋入になりますので、骨移植の必要がなく対応できることが多くなっています。通常のインプラント治療では歯が入るまでに長い時間も必要になりますが、オールオン4はその日にうちに仮歯を入れることができますので、審美性の面でも安心です。骨移植の治療も必要なく、埋め込む本数も少なく、治療回数を減らすことができますので、治療費の負担が少なくなることもメリットです。

アフターケアの良い歯科医院

診療室

安心してオールオン4を依頼するためには、高い技術力で対応してくれる歯科医院を選ぶことが大切です。成功させるためには治療前の検査も重要となりますので、歯科用CTなどの検査設備も充実しているかどうかを調べておきましょう。治療が完成したら、それで終わりというわけでありません。インプラントを長期に維持するためには、治療後のアフターケアの良さも重要です。治療を依頼する前には、治療後の保証内容やメンテナンスが定期的に行われるかも確認しておきましょう。

広告募集中